ガス切断(読み)ガスせつだん

百科事典マイペディアの解説

ガス切断【ガスせつだん】

切断部分を加熱炎(一般には酸素アセチレン炎を用いている)などで予熱した後,酸素を吹きつけて酸化・溶融させ,その酸化物を吹き飛ばして行う切断法。燃焼ガスはアセチレンのほかに,天然ガス石炭ガスプロパンガス,水素などがある。加熱炎と酸素を噴出する器具をガス切断器という。ガス切断器の火口は中心から切断酸素,周囲から混合ガスを噴出する。母材より溶融点の低い酸化物が生じる鋼材などの切断に用いられる。厚鋼板でも能率よく切断でき,図面通りに鋼板上を火口が走る自動切断機,特殊な火口による水中切断機もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガス切断
がすせつだん
gas cutting

金属と酸素ガスとの反応熱を利用して金属を切断する方法。酸素切断ともいう。火口から出たガス炎で鋼材を予熱しておき、鋼材が800~900℃に達したとき、火口の中心より高速の酸素を供給すると、鋼は燃焼して酸化鉄となる。酸化鉄は鋼材よりも融点が低いので酸素噴流で吹き飛ばされ、切断溝を形成し、この溝が連続してつくられることにより鋼材の切断が行われる。普通の鋼のガス切断では板厚数ミリメートルから数百ミリメートルの切断ができるが、鋳鉄は黒鉛が多く、またステンレス鋼やアルミニウムなどは高融点の酸化物を生ずるので有効ではない。本法で切断する場合、予熱が必要であり、このガス炎を予熱炎といい、酸素アセチレン炎、酸水素炎、酸素プロパン炎などが使用される。酸素アセチレン炎は炎の温度が高くて予熱時間が短く、広く利用されている。最近ではプロパンが利用されるようになった。[桑名 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のガス切断の言及

【溶接】より

…ガス溶接はアーク溶接に比べて溶接速度が遅く,ひずみが大で,溶接継手の性質も劣ることが多いのでその利用範囲はしだいに狭くなっている。しかし,材料の切断を行うガス切断はますます高度に発達し,自動化が加わり重要になっている。またガス火炎による鑞付けも広く用いられている。…

※「ガス切断」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android