酸水素炎(読み)さんすいそえん(英語表記)oxyhydrogen flame

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸水素炎
さんすいそえん
oxyhydrogen flame

水素ガスと酸素高圧で混合して燃焼すると得られる。 2400~2700℃の高熱を発生する。酸素アセチレン炎より低いが,生成物が水で,無公害であり,よけいな夾雑物を対象物に与えない点で,人造宝石製造などに用いられ,金属溶接切断にも多用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

酸水素炎【さんすいそえん】

吹管を用いて酸素と水素とを混合し,これを燃焼させたとき得られる炎。炎の温度は通常約2500℃,条件によっては3000℃に達する。金属の溶接や切断,人造宝石の製造,ロケットエンジン,炎発光分光法による化学分析などに使用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんすいそえん【酸水素炎】

水素と酸素を別々に噴出させて混合し、点火して得る高温の炎。無色・透明で摂氏2400~2700度。理化学実験や、金属の溶接・溶断に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸水素炎
さんすいそえん
oxyhydrogen flame

水素と酸素をそれぞれの高圧容器からバーナーに導き、混合して点火すると得られる炎。2400℃以上の高温度が得られ、燃焼生成物が水だけであることから、不純物の混入を嫌う金属の溶接、石英の融解、人造宝石の製造などに利用される。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android