コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸水素炎 さんすいそえんoxyhydrogen flame

5件 の用語解説(酸水素炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸水素炎
さんすいそえん
oxyhydrogen flame

水素ガスと酸素を高圧で混合して燃焼すると得られる炎。 2400~2700℃の高熱を発生する。酸素アセチレン炎より低いが,生成物が水で,無公害であり,よけいな夾雑物を対象物に与えない点で,人造宝石の製造などに用いられ,金属の溶接,切断にも多用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さんすいそ‐えん【酸水素炎】

酸素水素混合ガスを点火したときの炎。摂氏2500度くらいの高温になる。人造宝石の製造、金属の溶接などに使用。酸素水素炎

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

酸水素炎【さんすいそえん】

吹管を用いて酸素と水素とを混合し,これを燃焼させたとき得られる炎。炎の温度は通常約2500℃,条件によっては3000℃に達する。金属の溶接や切断,人造宝石の製造,ロケットエンジン,炎発光分光法による化学分析などに使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さんすいそえん【酸水素炎】

水素と酸素を別々に噴出させて混合し、点火して得る高温の炎。無色・透明で摂氏2400~2700度。理化学実験や、金属の溶接・溶断に用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸水素炎
さんすいそえん
oxyhydrogen flame

水素と酸素をそれぞれの高圧容器からバーナーに導き、混合して点火すると得られる炎。2400℃以上の高温度が得られ、燃焼生成物が水だけであることから、不純物の混入を嫌う金属の溶接、石英の融解、人造宝石の製造などに利用される。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone