コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガス化脱硫 ガスかだつりゅうgasified desulfurization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガス化脱硫
ガスかだつりゅう
gasified desulfurization

重油の脱硫法の一種で,減圧残油を部分酸化または水素化分解してガス化し,不純物の硫黄を硫化水素として除去する方法。直接脱硫法に比べて脱硫率が高いが,脱硫後に産出される燃料ガスが大量で低カロリーであるため,適用に制約がある。また最近では,減圧残油を熱分解し軽質油を回収するとともに,副生する石油コークスをガス化脱硫する方法 (フレキシコーキング法) も実用化されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ガス化脱硫の関連キーワードクリーンコールテクノロジー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android