ジメチルエーテル

化学辞典 第2版「ジメチルエーテル」の解説

ジメチルエーテル
ジメチルエーテル
dimethyl ether

C2H6O(46.07).CH3OCH3メチルエーテルともいう.脂肪族エーテル類のもっとも簡単なもの.製法は,実験室的には,メタノール硫酸を加えて加熱する.工業的には,メタノールを酸性触媒で脱水する方法と,合成ガスから一段で合成する方法とが開発されている.構造は二つのメチル基酸素で結ばれたもので,∠C-O-C111°である.快香を有する無色気体.融点-141.50 ℃,沸点-24.8 ℃.エタノールに易溶,水,硫酸に可溶.低温でハロゲン,ハロゲン化水素などと一連の付加物を形成する.おもに溶剤,あるいは冷却剤として用いられるが,最近,GTLの製品の一つとして燃料に,また,排気ガス中のPM(パーティキュレート;粒子状物質)が少ないディーゼル燃料としての用途も考えられている.[CAS 115-10-6]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android