コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリエチレングリコール

3件 の用語解説(ポリエチレングリコールの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ポリエチレングリコール


 溶媒など諸種の目的に使われる.重合度(n)は普通400〜2000.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ポリエチレン‐グリコール(polyethylene glycol)

エチレングリコール脱水縮合した高分子化合物。水溶性で、メタノールベンゼンにも溶ける。分子量は200~2万程度。無毒とされ、界面活性剤・潤滑剤・医薬製剤・化粧品などに幅広く利用される。PEG (polyethylene glycol)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ポリエチレングリコール【polyethylene glycol】

エチレンオキシド(酸化エチレン)を水酸化ナトリウムまたはフッ化ホウ素などのイオン触媒の存在下で重合させると得られる,分子量500~1000の液状ないしワックス状の高分子化合物水溶性であり,軟膏,化粧品,医薬のベースとして用いられるほか,末端水酸基をさらにエーテル化,エステル化して,界面活性剤として用いられる。ジイソシアネートと反応させ,ポリウレタンとしても利用される。カルシウムストロンチウム水酸化物アルキル亜鉛などを触媒にすると,重合度(モノマーの数)が100万以上のポリエチレングリコールが得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のポリエチレングリコールの言及

【グリコール】より

…重要なグリコールはほとんど粘度の高い無色の液体で甘味がある。エチレングリコール,プロピレングリコールCH3CH(OH)CH2OH,ジエチレングリコールHOCH2CH2OCH2CH2OH,ポリエチレングリコールHO(CH2CH2O)nCH2CH2OH,ヘキシレングリコール(CH3)2C(OH)CH2CH(OH)CH3などが重要である。繊維,樹脂,溶剤,界面活性剤,不凍液,食品加工,医薬品など多方面に用途がある。…

※「ポリエチレングリコール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポリエチレングリコールの関連キーワードエチレンオキシドエポキシド酸化エチレン塩化エチレンエチレンプロピレンゴムエチレン吸収剤ガス殺菌共重合ポリエチレン照射ポリエチレン二塩化エチレン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポリエチレングリコールの関連情報