コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリエチレングリコール

栄養・生化学辞典の解説

ポリエチレングリコール


 溶媒など諸種の目的に使われる.重合度(n)は普通400〜2000.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポリエチレングリコール【polyethylene glycol】

エチレンオキシド(酸化エチレン)を水酸化ナトリウムまたはフッ化ホウ素などのイオン触媒の存在下で重合させると得られる,分子量500~1000の液状ないしワックス状の高分子化合物。水溶性であり,軟膏,化粧品,医薬のベースとして用いられるほか,末端水酸基をさらにエーテル化,エステル化して,界面活性剤として用いられる。ジイソシアネートと反応させ,ポリウレタンとしても利用される。カルシウムやストロンチウム水酸化物,アルキル亜鉛などを触媒にすると,重合度(モノマーの数)が100万以上のポリエチレングリコールが得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のポリエチレングリコールの言及

【グリコール】より

…重要なグリコールはほとんど粘度の高い無色の液体で甘味がある。エチレングリコール,プロピレングリコールCH3CH(OH)CH2OH,ジエチレングリコールHOCH2CH2OCH2CH2OH,ポリエチレングリコールHO(CH2CH2O)nCH2CH2OH,ヘキシレングリコール(CH3)2C(OH)CH2CH(OH)CH3などが重要である。繊維,樹脂,溶剤,界面活性剤,不凍液,食品加工,医薬品など多方面に用途がある。…

※「ポリエチレングリコール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポリエチレングリコールの関連キーワードクリアクリーン プラス ホワイトニングデンタルリンスOra2 ステインクリア プレミアムペーストデンタルビューティーケア ホワイトニングクリアクリーン プラス ホワイトニングOra2 ステインクリア ペーストエチレン(脂肪族不飽和化合物)ガスクロマトグラフィーペグインターフェロンザクトクールライオンポリエチレンオキシドハイブリッド蛋白質モノクローナル抗体ポリオキシエチレンクロマトグラフィーエチレンオキシドハイブリドーマ分子ネックレスポリロタキサンタバコライオンザクトライオン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポリエチレングリコールの関連情報