コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラティン ガラティン Gallatin, Abraham Alfonse Albert

2件 の用語解説(ガラティンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガラティン
ガラティン
Gallatin, Abraham Alfonse Albert

[生]1761.1.29. ジュネーブ
[没]1849.8.12. ニューヨークアストリア
アメリカの政治家,外交官。 T.ジェファーソン,J.マジソン大統領の財務長官 (1801~14) 。その後外交官としてヨーロッパに滞在。アメリカ=イギリス戦争 (12) の講和会議代表の一人としてガン条約締結 (14) に活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ガラティン

《Galatine》架空の武器のひとつ。ヨーロッパに伝わるアーサー王伝説で、円卓の騎士ひとり、ガヴェイン卿が所持しした剣とされる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガラティンの関連キーワードジュネーブ学派ジュネーブ協定ジュネーブ大学ジュネーブ四条約ジュネーブマラソンジュネーブ[湖]《ジュネーブ詩篇歌》《ジュネーブ聖書》ジュネーブ第4条約ジュネーブ命名法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone