ガリレイ式望遠鏡(読み)ガリレイしきぼうえんきょう(英語表記)Galilean telescope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ガリレイ式望遠鏡」の解説

ガリレイ式望遠鏡
ガリレイしきぼうえんきょう
Galilean telescope

対物レンズ凸レンズを,接眼レンズ凹レンズを使って,拡大正立虚像を得るようにしたもの。簡単に正立像を見ることのできる望遠鏡として有意義である。小型の双眼鏡オペラグラスとして使用される。 1609年ガリレイオランダでこの望遠鏡が発明されたことを知って,すぐその改良型を作り,それを使って木星衛星土星などを初めて発見し,また銀河が多くの星の群れからなっていることを知り,地動説立場をとるなど,天文学上大きな貢献をしたのでこの名前がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ガリレイ式望遠鏡」の解説

ガリレイしき‐ぼうえんきょう〔‐バウヱンキヤウ〕【ガリレイ式望遠鏡】

凸レンズ対物レンズに、凹レンズ接眼レンズに用いて正立像を得る望遠鏡。1609年ガリレイが発明。小形の双眼鏡光学系として用いられることが多い。ガリレオ式望遠鏡オランダ式望遠鏡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android