ガリレイ式望遠鏡(読み)ガリレイしきぼうえんきょう(英語表記)Galilean telescope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガリレイ式望遠鏡
ガリレイしきぼうえんきょう
Galilean telescope

対物レンズに凸レンズを,接眼レンズ凹レンズを使って,拡大正立虚像を得るようにしたもの。簡単に正立像を見ることのできる望遠鏡として有意義である。小型の双眼鏡オペラグラスとして使用される。 1609年ガリレイオランダでこの望遠鏡が発明されたことを知って,すぐその改良型を作り,それを使って木星の衛星,土星の環などを初めて発見し,また銀河が多くの星の群れからなっていることを知り,地動説の立場をとるなど,天文学上大きな貢献をしたのでこの名前がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ガリレイしきぼうえんきょう【ガリレイ式望遠鏡】

対物レンズが凸レンズ、接眼レンズが凹レンズの望遠鏡。1609年ガリレイによって完成された。簡単に正立の像が得られ、筒の長さが短くて便利であるが、倍率が小さく視野が狭い。小型の双眼鏡に用いられることが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android