ガリレオ式望遠鏡(読み)ガリレオシキボウエンキョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

ガリレオしき‐ぼうえんきょう ‥バウヱンキャウ【ガリレオ式望遠鏡】

〘名〙 凸レンズの焦点の少し前に凹レンズを置き、凸レンズによる倒立の実像を凹レンズで拡大して正立の虚像としてみる様式の望遠鏡。一六〇八年、オランダ人リパシーが発明、翌年、ガリレオ=ガリレイが製作。像を倒立のまま見る二つの凸レンズを用いた天体望遠鏡に対していう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android