ガリレオ式望遠鏡(読み)ガリレオしきぼうえんきょう

精選版 日本国語大辞典「ガリレオ式望遠鏡」の解説

ガリレオしき‐ぼうえんきょう ‥バウヱンキャウ【ガリレオ式望遠鏡】

〘名〙 凸レンズ焦点の少し前に凹レンズを置き、凸レンズによる倒立実像を凹レンズで拡大して正立虚像としてみる様式望遠鏡。一六〇八年、オランダ人リパシーが発明翌年ガリレオ=ガリレイが製作。を倒立のまま見る二つの凸レンズを用いた天体望遠鏡に対していう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android