ガル(読み)がる(英語表記)William Withey Gull

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガル(William Withey Gull)
がる
William Withey Gull
(1816―1890)

イギリスの内科医。コルチェスターに生まれる。ロンドン大学に学び、1846年に医師となる。ガイ病院に勤務、同病院で一生診療と教育に従事し、当時の一流臨床医であった。患者には親切、魅力的で評判がよく、同僚や門下には厳しく、機知に富み、弁舌に長じていた。1858年王立協会会員となり、オックスフォード、ケンブリッジ、エディンバラの各大学の学位を受け、1871年皇太子診療の功績により准男爵となった。1856年脊髄(せきずい)空洞症、運動失調症が脊髄後索の変性によることを発見。1872年サットンHenry Gawen Sutton(1837―1891)とともに慢性腎炎(じんえん)における動脈毛細線維腫(しゅ)を報告した。また、発作性血色素尿(1866)、粘液水腫(1873)、T・アジソンと共同の黄色板症(1851)の研究など多くの業績があり、それらは彼の死後1894年に業績集にまとめられた。[古川 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガルの関連情報