コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルスト Garst, Charles Elias

2件 の用語解説(ガルストの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ガルスト Garst, Charles Elias

1853-1898 アメリカの宣教師。
1853年8月23日生まれ。デサイプルス派から派遣され,明治16年(1883)来日。秋田を中心に伝道。H.ジョージの単税論に共鳴して,29年東京に単税論研究会を創立。単税太郎と自称。城泉太郎(じょう-せんたろう)らの支持をえた。明治31年12月28日東京で死去。45歳。没後に「単税経済学」が刊行された。オハイオ州出身。陸軍士官学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ガルスト

没年:明治31.12.28(1898)
生年:1853.8.23
プロテスタント・ディサイプルス派の宣教師。米国オハイオ州デイトン生まれ。ウエストポイント陸軍士官学校に学んだが,外国伝道を志し,明治16(1883)年妻ローラと来日。秋田,鶴岡で伝道中に東北農民の貧困にふれ,帰米中(明治24~26年)H.ジョージの単税論を研究。再来日後,東京で借地料のみに課税する単税主義を主張,単税太郎と名乗り運動を行った。社会主義運動にも参画,単税制は神の国の義を実現する理想の税制であるとして宣教と経済的実践を一体化した。築地の自宅で死去。遺稿に『単税経済学』がある。<参考文献>工藤英一『チャールズ・E・ガルスト研究』

(鵜沼裕子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガルストの関連キーワードプロテスタント牧師日本組合基督教会日本聖公会プロテスタンティズムバプテスト教会プロテストプロテストソング伝道会リギンズ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガルストの関連情報