コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガロア虫 ガロアムシ

デジタル大辞泉の解説

ガロア‐むし【ガロア虫】

ガロアムシ目ガロアムシ科の昆虫。体長2センチくらい。体は細長く、淡黄褐色で翅(はね)はない。原始的な特徴をもち、変態はしない。山地の石の下や土中にすむ。大正4年(1915)日光の中禅寺でフランス人外交官ガロア(Gallois)が発見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ガロアむし【ガロア虫】

〔フランス人外交官ガロア(Gallois)が日光の中禅寺で発見したことにちなむ〕
ガロアムシ目の原始的な昆虫。体長20ミリメートル 内外で、ケラに似るが細く、はねがない。淡褐色で、幼時は白い。朽ち木や石の下、洞穴などにすむ。本州に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ガロア虫の関連キーワードガロアムシ目ガロアムシ淡褐色幼時

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android