コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガロア虫 ガロアムシ

2件 の用語解説(ガロア虫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ガロア‐むし【ガロア虫】

ガロアムシ目ガロアムシ科の昆虫。体長2センチくらい。体は細長く、淡黄褐色で翅(はね)はない。原始的な特徴をもち、変態はしない。山地の石の下や土中にすむ。大正4年(1915)日光の中禅寺フランス人外交官ガロア(Gallois)が発見。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ガロアむし【ガロア虫】

〔フランス人外交官ガロア(Gallois)が日光の中禅寺で発見したことにちなむ〕
ガロアムシ目の原始的な昆虫。体長20ミリメートル 内外で、ケラに似るが細く、はねがない。淡褐色で、幼時は白い。朽ち木や石の下、洞穴などにすむ。本州に分布。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone