コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中禅寺 チュウゼンジ

4件 の用語解説(中禅寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅうぜん‐じ【中禅寺】

栃木県日光市にある天台宗の寺。山号は補陀落山(ふだらさん)。延暦年間(782~806)、勝道が二荒山(ふたらさん)中宮祠の西側に建立。大正2年(1913)現在地に移転。坂東三十三所第18番札所。立木観音(たちきかんのん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

中禅寺

栃木県日光市にある寺院。784年創建。天台宗。本尊は千手観音日光山輪王寺の別院。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうぜんじ【中禅寺】

栃木県日光市中禅寺湖畔にある天台宗の寺。山号、日光山。784年勝道が二荒山ふたらさん中宮祠の西隣に建立したのに始まる。輪王寺に属する。坂東三十三所第一八番札所。通称、立木観音。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中禅寺
ちゅうぜんじ

栃木県日光市中宮祠(ちゅうぐうし)にある天台宗の寺。俗に立木観音(たちきかんのん)とよばれ、輪王寺(りんのうじ)の所管。766年(天平神護2)勝道(しょうどう)は日光に四本龍寺(しほんりゅうじ)を建て、782年(延暦1)男体山(なんたいさん)に登って、二荒山(ふたらさん)奥院(おくのいん)を創建。784年中禅寺湖の岸に奥院遙拝(ようはい)所として中宮祠を設け、その西側に神宮寺として中禅寺を建て、千手(せんじゅ)観音像を祀(まつ)ったという。勝道の請によって空海が撰(せん)した碑文に、二荒山および中禅寺開創の経緯が記されている。848年(嘉祥1)円仁(えんにん)が中禅寺に詣(もう)で、唐の玄法寺法全(はっせん)所伝の『金剛頂経(こんごうちょうぎょう)』などを納めたといわれる。中宮祠と一体となって栄えたが、1902年(明治35)の山津波に湖中に押し出され、13年(大正2)現在地に再建され、70年(昭和45)五大堂が建てられた。本尊の千手観音像(国の重要文化財)は勝道の作と伝えられるが、鎌倉時代のもの。五大堂には安土(あづち)桃山時代から伝わる五大尊像が祀られている。[田村晃祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中禅寺の言及

【中禅寺湖】より

…湖水は華厳滝となって落下する大谷川の表面排水のほか,華厳滝の滝壁から湧き出す十二滝や白雲滝などの地下排水を通して下流に流れ出る。湖尻に設置されている栃木県営の中禅寺ダムは湖水位を最大2m調節できるため,華厳滝の落水量や下流の発電所への流入水量を調整している。湖水の透明度は夏に大きく,1年を通しておよそ8~10mの間を変化する。…

※「中禅寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中禅寺の関連キーワード栃木県日光市柄倉栃木県日光市清滝栃木県日光市御幸町栃木県日光市七里栃木県日光市瀬川栃木県日光市瀬尾栃木県日光市匠町栃木県日光市所野栃木県日光市萩垣面栃木県日光市山口

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中禅寺の関連情報