コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンダク川 ガンダクがわGandak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガンダク川
ガンダクがわ
Gandak

ヒマラヤ山脈に源を発し,ネパール中部からインドのビハール州北西部を流れる川。ガンジス川支流の一つ。ヒマラヤ山脈の氷河を水源とするカリガンダク川,ブリガンダク川などが,ネパール内で合流してできた川で,パトナ付近でガンジス本流に注ぐ。全長約 765km。ネパールとの国境付近にガンダクダムがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガンダク川
がんだくがわ
Gandak

中国南部、ネパール、インド北部を流れるガンジス川の支流。チベットに源を発し、ネパールでダウラギリ山、アンナプルナ山、マナスル山などからの支流をあわせ、シワリク丘陵を横切ってインドに入り、大扇状地を形成して、ビハール州のパトナでガンジス川に合流する。全長680キロメートル、流域面積4万5800平方キロメートル。パトナでの測定によれば、乾期の流量は毎秒280トン、雨期には1万6000トンと増減が激しく、洪水時には多くの被害を出す。インドとネパール国境付近にはガンダク・ダムがあり、トリベニ運河で平野を灌漑(かんがい)する。[林 正久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ガンダク川の関連キーワードヒマル・チュリ[山]ビハール[州]ムザファルプルパトナーガガラ川

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android