コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガン効果ダイオード ガンこうかダイオード Gunn-effect diode

1件 の用語解説(ガン効果ダイオードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガン効果ダイオード
ガンこうかダイオード
Gunn-effect diode

ガンダイオードともいう。 1963年に J.B.ガンによって発明されたマイクロ波発振用半導体素子。小型かつ簡易な装置でマイクロ波を発振させることができ,信頼性も高いので,速度変調管に取って代り,通信装置の固体化の一端として使用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガン効果ダイオードの関連キーワードダイオード可変容量ダイオードガン効果ガンダイオード青色発光ダイオード江崎ダイオードクリスタルダイオード半導体ダイオードレーザーダイオード白色発光ダイオード

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone