コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キイロダカラガイ Monetaria moneta

世界大百科事典 第2版の解説

キイロダカラガイ【Monetaria moneta】

タカラガイ科の巻貝。成貝のは黄色であるが,十分成育していない個体の背面は白色で青黒色の横縞の斑があり,剣道の面のように見えるのでメンガタダカラガイの別名がある。この模様はまた宝(たから)の字の象形文字となった。殻の高さ3cm,左右の幅2.2cm,背腹の幅1.5cmくらいになる。殻は幼貝では薄くふつうの巻貝のように小さいが巻いた層がある。成育すると広い殻口の外側の縁が厚くなって内方へ曲がり,殻口は狭く細長くなり,内外の縁に多くの歯ができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キイロダカラガイ
きいろだからがい / 黄色宝貝
money cowry
[学]Monetaria moneta

軟体動物門腹足綱タカラガイ科の巻き貝。熱帯西太平洋からインド洋に広く分布し、日本沿岸では房総半島に至るまでの太平洋岸の岩礁にすみ、サンゴ礁に多い。殻高30ミリメートル、殻径の左右22ミリメートル、同背腹15ミリメートルぐらいで、背側からみると卵円形。殻は黄色、両側は厚く、腹面はやや平らで殻口は狭く外唇と内唇には歯が刻まれる。背面の凹凸のようすが人面に似ているところからメンガタダカラ(面型宝)の別名がある。漢字の「貝」の字は本種の象形文字である。古くはアフリカ、インド、中国、太平洋諸島で通貨として用いられ、現在もニューギニア奥地では流通しているといわれる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキイロダカラガイの言及

【タカラガイ(宝貝)】より

…またウマノクボともいうが,これはウマの雌の性器の意である。 キイロダカラガイ(黄色宝貝)Monetaria monetaは殻高3cm,左右の径2.2cm,背腹の径1.4cm。丸みあるひし形で前方へ狭くなる。…

【貝】より

…クレオパトラの真珠は有名であるが,世界最大の真珠は長さ50.8mmのヨウナシ型の〈ホープの真珠〉で,日本最大のものは御木本幸吉がアワビから得た長径24mm,短径19mmの真珠である。
[貝貨]
 タカラガイ類は特殊な形をしているが,このうち中国では古代にキイロダカラガイの殻が貨幣に使用され,殷墟(いんきよ)から出土している。しかし,インド,アフリカではもっと後世に及び,太平洋諸島,とくにニューギニアでは最近まで使用されていた。…

【タカラガイ(宝貝)】より

…またウマノクボともいうが,これはウマの雌の性器の意である。 キイロダカラガイ(黄色宝貝)Monetaria monetaは殻高3cm,左右の径2.2cm,背腹の径1.4cm。丸みあるひし形で前方へ狭くなる。…

※「キイロダカラガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キイロダカラガイの関連キーワードハナビラダカラガイ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android