コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キグチ

栄養・生化学辞典の解説

キグチ

 [Larimichthys polyactis].スズキ目ニベ科の海産魚.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キグチ
きぐち / 金石魚
[学]Pseudosciaena polyactis

硬骨魚綱スズキ目ニベ科に属する海水魚。キングチともいう。東シナ海黄海に分布する。体はやや長く、側扁(そくへん)する。体色は銀白色で、腹部は黄金色を帯びる。全長は大きいもので35センチメートル。年齢は最高11年が確認されている。成長は1年で13センチメートル、2年で21センチメートル、3年で24センチメートルとなり、以後は停滞する。食性は肉食で、オキアミなどの甲殻類、小形魚類などを捕食する。プランクトンなど餌(えさ)生物が、昼間は深層にいて夜間は表層に浮上する動きに伴って、昼夜の周期的垂直移動を行う。産卵期は3~7月。大形魚は早く成熟し、小形魚の成熟は遅れる。産卵期には朝鮮半島や中国の沿岸へ大群が押し寄せ、群れが発するガーガーという鳴音は海岸や船上からでもよく聞こえるという。本種は、東シナ海、黄海で漁獲されるニベ類のなかでもっとも多く、その大半を占めるが、近年は乱獲により激減。塩焼き、てんぷらなどにもされるが、主として良質のかまぼこの原料となる。[谷口順彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキグチの言及

【キングチ】より

…スズキ目ニベ科の海産魚。キグチともいう。全長40cmに達する。…

※「キグチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

キグチの関連キーワードターリエン(大連)特別市チャンシャン(長山)群島イエンタイ(煙台)特別市ミヤオタオ(廟島)群島momoko DOLL桂 文治(10代目)以西底引網漁業ニャンチッチmomokoポー(渤)海渤海(海域)清川 荘司モンチッチフウセイカンダリシログチヤムシビリー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キグチの関連情報