コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キソケイ(黄素馨) キソケイJasminum odoratissimum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キソケイ(黄素馨)
キソケイ
Jasminum odoratissimum

モクセイ科の常緑低木。大西洋マデイラ島原産であるが,日本には庭木として渡来した。高さ 2m余。葉は革質の光沢ある深緑色,羽状複葉小葉広楕円形。5~6月に,5裂片の黄色花をつける。花に芳香がある。いわゆるジャスミンのなかで代表的な種類であり,マツリカとともに,この花を干して茶に入れる。もっぱら挿木により栽培する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キソケイ(黄素馨)【キソケイ】

ヒマラヤ原産のモクセイ科の常緑低木。高さ2mくらいになり,庭木や切花に使われ,仙台以南では寒さに耐える。枝は緑色。葉は羽状複葉で,小葉は1〜3対。6月,枝先に芳香のある黄色の花を数個つける。
→関連項目ジャスミン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android