キタイロン(読み)きたいろん(英語表記)Kithairōn

日本大百科全書(ニッポニカ)「キタイロン」の解説

キタイロン
きたいろん
Kithairōn

(1)ギリシアの地名。アッティカとボイオティアの両地方間に横たわる山岳地で、アテネの北方、テバイテーベ)の南にあたる。この地は神話伝説上のさまざまな事件の舞台となったことで有名である。アクタイオンの死、テイレシアスの失明、双生児アンフィオンとゼトスの誕生、またペンテウスバッコスの信女らに殺されたのもここであり、オイディプスが幼時に捨てられたのもこの山中であった。

(2)キタイロン山中にある小都プラタイアイの王。山の名は彼にちなむ。

[丹下和彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「キタイロン」の解説

キタイロン
Kithairōn

古代ギリシアのボイオチアアッチカとを分ける山脈名。古代にはドロスケファライ峠を通ってアテネからテーベに通じる道があった。この山脈でアクタイオンはシカに変身させられ,ペンテウス王はバッコスの信女たちに引裂かれ,オイディプスは捨て子にされるなどギリシア神話にしばしば登場する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android