コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キタマクラ キタマクラCanthigaster rivulata

4件 の用語解説(キタマクラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キタマクラ
キタマクラ
Canthigaster rivulata

フグ目フグ科の海水魚。全長 20cm内外。体は楕円形で,やや側扁する。皮膚に小棘をもつ。体側に 2本の暗色縦帯がある。肝臓,腸,皮膚に毒を有し,特に皮膚は強毒。食用とはしないが,食べるとすぐ死ぬというのでその名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キタマクラ【scribbled toby】

フグ目フグ科の海産魚(イラスト)。千葉県以南の太平洋側,南西諸島ハワイにまで分布。体は側扁し,腹面には小棘(しようきよく)がある。側線はない。背面は灰褐色で多数の暗色条線があり,腹面はやや青紫色を帯びた白色。体側には不規則な青紫色の縦線があり,雄魚では頭部側面の条紋が著しい。幼魚には体側に2条の褐色縦帯がある。沿岸にすみ,幼魚は岩礁の間に多い。全長およそ20cm。筋肉と卵巣は無毒とされ,フグ毒は皮にもっとも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

知恵蔵miniの解説

キタマクラ

フグ科の魚類。福島県以南の太平洋岸や、インド洋、西太平洋のなどの沿岸部に分布。主に岩礁やサンゴ礁などに生息する。フグ科の魚類の中では側偏した体つきで、体長は15~20センチメートル程度。体色は主に茶褐色から灰褐色だが、個体により差異がある。背面や腹部に小さな棘があるのが特徴。雑食性で藻類や棘皮動物軟体動物などを捕食する。卵巣と筋肉は無毒だが、皮膚に強毒を持ち、肝臓と腸にも弱毒がある。

(2015-7-9)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キタマクラ
きたまくら / 北枕
[学]Canthigaster rivulata

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部地方以南の各地、および太平洋とインド洋の熱帯水域に分布する。体が側扁(そくへん)しているのでフグ科のほかの魚類と容易に区別できる。全長15センチメートルに達する。体色は背側が灰褐色で、体側に青紫色の縦線が走る。肝臓と腸に弱毒があり、皮膚は強毒をもつ。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キタマクラの関連キーワード遊動円木海氷シロチョウガイマベガイイワシカラスムギキャッサバクズ(葛)輪投げシーバスフィッシング

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone