キヌヤナギ(読み)きぬやなぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キヌヤナギ
きぬやなぎ / 絹柳
[学] Salix schwerinii E.L.Wolf 'Kinuyanagi'
Salix kinuyanagi Kimura

ヤナギ科(APG分類:ヤナギ科)の落葉小高木。枝は灰色の柔らかい毛を密生し、葉は互生。若葉は先端部を除き縁(へり)が外に巻き、成葉は長さ10~20センチメートル、披針(ひしん)形で鈍い鋸歯(きょし)があり、裏面は白い絹毛が密生する。春、葉が出る前に枝に密についた花穂が出る。包葉は上半部が黒色で長い軟毛を密生する。雄花は雄しべ2本で離生し、花糸は無毛。絹毛の密生した銀白色の花穂や葉裏などから絹柳の名がついた。関東地方以西の本州、四国、九州などで栽植され、野生化もしている。雄木のみ知られ、朝鮮などから渡来したものと推察されている。中部地方以北の本州、北海道に自生するエゾノキヌヤナギS. schweriniiS. petsusu Kimura)は本種より枝が細く、花穂はややまばらで枝、葉ともに毛が少ない。現在は本種はエゾノキヌヤナギの栽培品種とされる。

[菅谷貞男 2020年7月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例