コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバナウツギ きばなうつぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キバナウツギ
きばなうつぎ / 黄花空木
[学]Weigela maximowiczii (Moore) Rehd.

スイカズラ科の落葉低木。高さ1、2メートル。5~7月、枝の先端に1、2花を開く。子房は下位、2室で、円柱形。果実は裂開し、一側に狭い翼のある種子をつける。花の色、集葯雄蕊(しゅうやくゆうずい)、萼(がく)裂片が合着することなどから、ウコンウツギ属に似るが、胚珠(はいしゅ)のつき方、子房や果実の形態から、タニウツギ属に属する。名は、花が淡黄色のウツギの意味である。日本特産種で、東北地方南部から関東地方に分布し、山地の比較的高い所(1500~2000メートル)に生える。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキバナウツギの言及

【ハコネウツギ】より

…タニウツギ属は酸性土壌を好むが,九州の石灰岩(古処山)に希産するベニヤブウツギW.praecox Baileyは朝鮮にも分布し,欧米の植物園にも植えられる。ほかに,花が黄色いものとしてキバナウツギW.maximowiczii Rehd.とウコンウツギMacrodiervilla middendorffiana (Carr.) Nakaiがある。【福岡 誠行】。…

※「キバナウツギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android