コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバナシャクナゲ

百科事典マイペディアの解説

キバナシャクナゲ

シャクナゲ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キバナシャクナゲ
きばなしゃくなげ
[学]Rhododendron aureum Georgi

ツツジ科の常緑小低木。茎は地をはい、枝が上に向く。葉は楕円(だえん)形で先が円く、革質でほとんど毛がない。7、8月、淡黄色の漏斗(ろうと)状鐘形、径2.5~3.5センチメートルの花が開き、雄しべは10本。本州中部地方、北海道の高山に生え、東アジアの寒帯に広く分布する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキバナシャクナゲの言及

【シャクナゲ(石南花)】より

… 日本にある4種類はすべてポンティクム系のものとして扱われることが多いが,実際にはポンティクム系のものはハクサンシャクナゲだけで,他は別系統と考えられる。(1)アウレア系 キバナシャクナゲR.aureum Georgi(イラスト)は唯一の寒帯性の種類で,丈は50cmほどにしかならず,全体無毛で花は黄色である。本州中部以北,北海道,千島,カムチャツカ,サハリン,朝鮮北部,東シベリアに分布し,この系で1種しかない特殊な種類である。…

※「キバナシャクナゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

キバナシャクナゲの関連キーワードシャクナゲ(石南花)ダイセツタカネヒカゲ南牧(村)(長野県)大日岳(立山連峰)アサヒヒョウモン旭豹紋蝶狩場山地小林義雄南牧村旭豹紋八ヶ岳駒ヶ岳羊蹄山旭岳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キバナシャクナゲの関連情報