コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャクナゲ

2件 の用語解説(シャクナゲの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シャクナゲ

ツツジ科の低木数種をいう。ツツジ類と同属であるが,葉は常緑,厚い革質で光沢がある。花は枝の端に頂生した花芽から十数個散形状に開く。アズマシャクナゲシャクナゲとも)は,本州中部〜北部の深山にはえ,高さ2〜3m。
→関連項目ツツジ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャクナゲ
しゃくなげ / 石南花・石楠花
[学]Rhododendron

ツツジ科ツツジ属のうちシャクナゲ亜属の総称であるが、ホンシャクナゲやアズマシャクナゲを単にシャクナゲということもある。常緑低木または小高木。葉は全縁で互生し、革質で光沢がある。花は漏斗(ろうと)状の合弁花で、枝先に総状花序につくが、花序が球状に、その下に葉が輪状についてみえるのが特徴である。シャクナゲ類はヨーロッパ、アジア、北アメリカに分布するが、ヒマラヤ東部、ネパールから中国の雲南省、四川(しせん)省に種類が多い。日本には高山帯から亜高山帯に分布するキバナシャクナゲ、ハクサンシャクナゲ、それより低い山地に分布するツクシシャクナゲ、ホソバシャクナゲの4種と、その変種、品種がある。
 キバナシャクナゲR. aureum Georgiは淡黄色花を開き、中部地方、北海道の高山に生える。ハクサンシャクナゲR. brachycarpum G. Donは白から淡紅色の花を開き、北海道、中部地方以北の本州、および四国の石鎚(いしづち)山などの亜高山帯に生える。葉裏が無毛の変種ケナシハクサンシャクナゲがあり、八重咲きの品種をネモトシャクナゲという。ツクシシャクナゲR. metternichii Sieb. et Zucc.は花冠の先が7裂した淡紅色花を開き、紀伊半島、四国、九州の山地に生える。変種のホンシャクナゲは葉裏の淡褐色の毛が少なく、褐色の毛を厚く密生するツクシシャクナゲと区別する。長野県、愛知県以西の本州、四国の山地に生える。葉が短くてやや薄い変種をオキシャクナゲという。キョウマルシャクナゲは葉裏の毛がさらに少なく、花冠は5、6裂する。伊豆、静岡県西部、長野県南部の山地に生える。アズマシャクナゲは葉裏に淡褐色の毛を密生して花冠は5裂し、山形県、宮城県以西に生える。屋久島(やくしま)に生えるヤクシマシャクナゲも花冠は5裂する。ホソバシャクナゲR. makinoi Tagg.はエンシュウシャクナゲともいい、葉は線状倒披針(とうひしん)形で細く、愛知県東部、静岡県西部の山地に生える。
 セイヨウシャクナゲは世界各地のシャクナゲを交配してつくられた園芸品種の総称で、ロードデンドロンともいい、1000種以上の品種がある。シャクナゲ類は花木として観賞され、材は小細工物に用いられる。繁殖は実生(みしょう)、株分け、取木による。成長は遅く、野生種は栽培がややむずかしい。[小林義雄]

文化史

シャクナゲの名は石南花あるいは石楠花から由来したが、漢名の石楠はバラ科のオオカナメモチPhotinia serrulata Lindl.をさし、現代の中国では杜鵑を用いている。石南草の名は『新撰字鏡(しんせんじきょう)』(901ころ)に、石楠草は『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』(931~938ころ)に載っている。いずれも和名としては止比良乃木(とびらのき)をあげているので、それはトベラ(トベラ科)と考えられる。シャクナゲの名は室町時代から使われたようで、『下学集(かがくしゅう)』(1444)に記載がある。かつて、石鎚山(愛媛県)のハクサンシャクナゲを行者が手折って持ち帰り、畦(あぜ)に挿して豊作を祈る習俗があった。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャクナゲの関連キーワード霧島躑躅久留米躑躅日陰躑躅三葉躑躅黐躑躅山躑躅米躑躅五葉躑躅梅花躑躅穂躑躅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャクナゲの関連情報