コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバナハタザオ Sisymbrium luteum (Maxim.) O.E.Schulz

2件 の用語解説(キバナハタザオの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キバナハタザオ【Sisymbrium luteum (Maxim.) O.E.Schulz】

山の草地に生えるアブラナ科の比較的まれな多年草イラスト)。茎は直立して高さ60~120cmとなり,上部でまばらに枝を出し,毛がある。葉は互生し,下部のものは葉柄があって羽状に裂けるが,茎の中部以上の葉はごく短い葉柄があって分裂せず,卵形から長楕円状披針形で先がとがり,ふちに不揃いの低い鋸歯がある。6~7月ごろ,まばらな花序を作って黄色の花をつける。萼片は細く,長さ7mm。花弁は4枚で長さ約1cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キバナハタザオ
きばなはたざお / 黄花旗竿
[学]Sisymbrium luleum (Maxim.) O. E. Schulz

アブラナ科の多年草。茎は高さ0.8~1.2メートルで粗い毛があり、葉は有柄で、下部の葉は羽状に全裂し、上部の葉は長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形で先は鋭くとがり基部はくさび形、縁(へり)に不ぞろいな鋸歯(きょし)がある。花期6~7月、花弁は黄色でへら形。果実は狭線形で長さ8~13センチメートル。本州の中部地方、九州の対馬(つしま)の山地のおもに石灰岩地に生え、朝鮮、中国にも分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キバナハタザオの関連キーワード草地浜大根犬薺大油薄崑崙草アブラナタカナトウナナバナミズナ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone