コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバナハタザオ Sisymbrium luteum (Maxim.) O.E.Schulz

世界大百科事典 第2版の解説

キバナハタザオ【Sisymbrium luteum (Maxim.) O.E.Schulz】

山の草地に生えるアブラナ科の比較的まれな多年草イラスト)。は直立して高さ60~120cmとなり,上部でまばらに枝を出し,毛がある。葉は互生し,下部のものは葉柄があって羽状に裂けるが,茎の中部以上の葉はごく短い葉柄があって分裂せず,卵形から長楕円状披針形で先がとがり,ふちに不揃いの低い鋸歯がある。6~7月ごろ,まばらな花序を作って黄色の花をつける。萼片は細く,長さ7mm。花弁は4枚で長さ約1cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キバナハタザオ
きばなはたざお / 黄花旗竿
[学]Sisymbrium luleum (Maxim.) O. E. Schulz

アブラナ科の多年草。茎は高さ0.8~1.2メートルで粗い毛があり、葉は有柄で、下部の葉は羽状に全裂し、上部の葉は長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形で先は鋭くとがり基部はくさび形、縁(へり)に不ぞろいな鋸歯(きょし)がある。花期6~7月、花弁は黄色でへら形。果実は狭線形で長さ8~13センチメートル。本州の中部地方、九州の対馬(つしま)の山地のおもに石灰岩地に生え、朝鮮、中国にも分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android