コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバネセセリ きばねせせり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キバネセセリ
きばねせせり / 黄翅
[学]Bibasis aquilina

昆虫綱鱗翅(りんし)目セセリチョウ科に属するチョウ。日本では北海道から九州にかけて分布するが、日本南西部の暖地では山地に局部的に産する希種。北海道や本州東北地方から中部地方の山地には少なくない。外国では朝鮮半島、ロシア連邦の沿海州、中国に分布し、東アジアの特産種。はねの開張42ミリメートル内外。はねの地色は褐色で、雄の表面は無紋、雌は前ばねに8個の灰黄斑(はん)がある。年1回の発生で、一般的にいえば7月中旬から8月上旬が成虫出現の最盛期、早い場合で雄は6月下旬から出現、生き残りの傷ついた雌は9月までみられることがある。雌雄とも花にくるが、湿地に群れるのは雄のみである。幼虫の食草はウコギ科のハリギリ(別名センノキ)。越冬態は幼虫で、食樹樹幹下方の表皮下に潜り込み、吐糸で楕円(だえん)形の繭状の袋をつくり、その中で越冬する。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキバネセセリの言及

【アオバセセリ】より

…幼虫はアワブキ,ヤマビワなどアワブキ科植物の葉を袋状に閉じてその中に潜み,ここから出かけて周囲の葉を食べる。キバネセセリBibasis aquilinaは本種に比較的近縁。開張4~5cm,翅の地色は褐色,より寒冷地に分布する。…

※「キバネセセリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キバネセセリの関連キーワードアオバセセリハリギリ白水

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android