キミズ(読み)きみず

  • Pellionia scabra Benth.

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イラクサ科の小低木。葉の形やつき方がミズの別名があるウワバミソウに似るが、茎が木質化するのでこの名がある。茎は斜上して高さ30~50センチメートル。下部で枝分れし、葉とともに細かな毛がある。葉は茎の上部に互生し、ゆがんだ長楕円(ちょうだえん)状倒披針(ひしん)形で長さは4~8センチメートル。先はとがり、中部より上にまばらな低い鋸歯(きょし)がある。雌雄異株で雄花は葉腋(ようえき)から出る柄(え)の先に集散状の花序をつくってつき、雌花は葉腋に多数密集して頭状につき、無柄。関東地方以西の常緑樹林下の沢沿いなどの湿った場所に生育し、国外では台湾、中国大陸南部からブータンに至る地域に分布する。中国名は蔓赤車。同じ属のオオサンショウソウ(中国名は赤車)との間に中間型が知られているが、この型をどう扱うかに関してはまだ統一的見解が得られていない。[米倉浩司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android