コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キモグリバエ

2件 の用語解説(キモグリバエの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キモグリバエ

双翅目キモグリバエ科Chloropidaeに属する昆虫の総称。英名はgout fly,frit fly。幼虫が植物の茎中に潜入して幼茎の生長点や幼穂などを食べるのでこのように呼ばれる。非常に大きな科で,世界で2000種以上も記載されており,日本でも150種くらい産する。習性も非常に異なるものが多く,幼虫の食性を見ても,植食性のほか,腐食性,クモやバッタの卵塊に寄生,カエルに寄生,アブラムシを捕食するものなど多様である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キモグリバエ
キモグリバエ

モグリバエ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キモグリバエの関連キーワードイネキモグリバエ葉潜虫イネハモグリバエハモグリバエ(葉潜蠅)ムギハモグリバエ(麦潜葉蠅)ヤドリバエ(寄生蠅)イネカラバエキモグリバエ科ハモグリバエ科ヤノハモグリバエ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone