コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャリア・システム career system

世界大百科事典 第2版の解説

キャリア・システム【career system】

公務を生涯の職業として保障する制度。また,その官職をキャリア・サービスcareer serviceという。現代国家における行政機能の拡大と行政内容の複雑・専門化とともに,行政の安定した,継続的運営のためには,専門的知識と能力を備えた公務員の確保が必要となってきた。こうした必要にこたえて,キャリア・システムの確立が現代の公務員制度の中心的課題になっている。とくにアメリカでは,終身雇用,年功序列の強い日本とは異なり,スポイルズ・システム(猟官制度)と呼ばれる政治的情実任用が広範に行われてきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のキャリア・システムの言及

【公務員】より

… しかしニューディールおよび第2次大戦以降の行政機能の拡大のもとで,アメリカの伝統も修正を迫られ,より有能な管理者を養成する必要が生じた。こうして今日,成績主義を漸次高級官職にまで拡大し生涯職制(キャリア・システムcareer system)を確立するための諸方策がとられている。最近の注目すべき実例は,カーター政権下の上級幹部公務員制度senior executive serviceの創設である。…

【裁判官】より

…日本の現行制度では,裁判官は公選制ではなく,任命制となっている。また,日本では,大多数の者が,法曹資格取得後他の法律職(検察官,弁護士等)に就くことなく,はじめから裁判官に任命され,その組織の中で養成され,順次昇進,昇給していくのが普通であり(キャリア・システム),他の法律職としての経験が豊富な者の中から,裁判官を任命するという法曹一元の理念は,実現されていない。諸外国で見られる,法律の専門家でない素人が,裁判官または参審員(参審制)として審理に直接関与する制度は,日本にはないし,陪審制も現在,実施されていない。…

※「キャリア・システム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キャリア・システムの関連キーワードスポイルズ・システム法曹一元制法曹一元論法曹一元裁判官

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android