キャロライン コアー(英語表記)Caroline Corr

現代外国人名録2016「キャロライン コアー」の解説

キャロライン コアー
Caroline Corr

職業・肩書
ミュージシャン

国籍
アイルランド

グループ名
グループ名=コアーズ〈The Corrs〉

経歴
両親がヒット曲のカバーを演奏する音楽家だったことから、小さい頃から音楽に親しむ。1990年兄のジム、姉のシャロン、妹のアンドレアとともにポップスグループ、コアーズを結成し、ドラムスを担当、4人とも作曲を手がける。マイケル・ジャクソンやセリーヌ・ディオンらを成功させたことで知られるプロデューサー・作曲家のデービッドフォスターに認められ、彼の主宰する143レコードと契約、’95年アルバム「かなる想い」でデビュー。ケルティック・フォークとロック、ポップスとを融合させたサウンドが高く評価され、同作は全世界で700万枚のセールスを記録、一躍スターダムにのし上がる。’96年初来日。’97年セカンドアルバム「トーク・オン・コーナーズ」を発表。2000年発表の「イン・ブルー」は27ケ国でプラチナディスクを獲得するヒット作となり、人気を不動のものとした。のち、兄妹たちが各々の活動に入るためバンドの活動を休止。この間、2002年に結婚。2004年再結集しアルバム「ボロウド・ヘブン」を制作。2005年亡き母へのトリビュート・アルバムとして郷里アイルランド民謡を中心としたカバーアルバム「ホーム」をリリース。同年アフリカの貧困救済を目的としたチャリティ・コンサート、ライブエイトに出演。2015年ロンドンのハイド・パークで開催されたBBCの音楽フェスに出演し、10年ぶりに活動を再開

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android