コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャントーズ キャントーズ The Cantos

2件 の用語解説(キャントーズの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

キャントーズ(The Cantos)

パウンドの連作長編詩。現代の叙事詩を目指したもので、最初の30編は1933年に刊行。以後、断続的に新作を発表。1948年発表の「ピーサ詩編」は、翌1949年にボーリンゲン詩人賞を受賞。最終作となる「第110編から117編までの草稿と断片」は1969年に発表。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャントーズ
きゃんとーず
The Cantos

アメリカの詩人エズラ・パウンドの連作長編詩。ダンテに倣って現代の『神曲』を書くことを意図して『16編の草稿』(1925)から着手。ホメロス叙事詩主人公オデュッセウスに擬して地獄巡りから始め、古代ギリシアルネサンスイタリア、建国期のアメリカ、および現代のファシスト政権下のイタリアなど、各時代の文化を訪ねて放浪する精神の一大叙事詩である。孔子(こうし)の中庸の精神に範を仰ぎ、利子制度に反対して、地上の理想政治を追求したが、ムッソリーニの失脚によって『ピサン・キャントーズ』(1948)で夢は挫折(ざせつ)した。その後はダンテの『天国編』に比すべき『玉座編』(1959)、『草稿と断片』(1970)を出して、未完に終わった。イメージと挿話を積み重ねてゆくモンタージュ的手法は、現代詩に新しい可能性を開き、T・S・エリオットやW・C・ウィリアムズらに影響を与えた。[新倉俊一]
『新倉俊一訳『エズラ・パウンド詩集』(1976・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャントーズの関連キーワードベリマンポエトリーラフォンテーヌコンパウンド北の詩人小暮写真館たんぽぽのお酒長い長い殺人パウンド型木下常太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone