コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュビリエ キュビリエCuvillier, Armand Joseph

2件 の用語解説(キュビリエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュビリエ
キュビリエ
Cuvillier, Armand Joseph

[生]1887
[没]1973.4.23. パリ
フランスの社会学者。ソルボンヌ大学名誉教授。 É.デュルケムの影響を受けるとともに,マルクス主義と社会学の統合のうえに客観主義的,実証的社会学を構築した。主著『社会学概論』 Manuel de sociologie (1950) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キュビリエ
きゅびりえ
Armand Joseph Cuvillier
(1887―1973)

フランスの社会学者、思想史家。1912年エコール・ノルマル・シュペリュール(高等師範学校)を卒業。1919年哲学教授の資格を取得した。モンリュソンをはじめ各地のリセなどの教授を経て、パリ大学の社会学教授(1945~1953)となる。第二次世界大戦前、社会主義思想の研究を進め、さらにデュルケーム社会学の伝統をマルクス主義によって修正しつつ継承することを企図し、『社会学入門』(1936)を著した。戦後は『社会学提要』全2巻(1950)や『フランス社会学の行方』(1953)を著して、フランス社会学の客観主義的伝統の擁護と普及にあたり、ギュルビッチの社会学を「異邦人の社会学」として批判した。[田原音和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キュビリエの関連キーワード造船業東京芸術大学120周年雑誌ポセイドンあべ静江誠直也バビル2世自動車工業中南米映画扶養義務

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone