コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュビリエ Cuvillier, Armand Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュビリエ
Cuvillier, Armand Joseph

[生]1887
[没]1973.4.23. パリ
フランスの社会学者。ソルボンヌ大学名誉教授。 É.デュルケムの影響を受けるとともに,マルクス主義と社会学の統合のうえに客観主義的,実証的社会学を構築した。主著『社会学概論』 Manuel de sociologie (1950) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キュビリエ
きゅびりえ
Armand Joseph Cuvillier
(1887―1973)

フランスの社会学者、思想史家。1912年エコール・ノルマル・シュペリュール(高等師範学校)を卒業。1919年哲学教授の資格を取得した。モンリュソンをはじめ各地のリセなどの教授を経て、パリ大学の社会学教授(1945~1953)となる。第二次世界大戦前、社会主義思想の研究を進め、さらにデュルケーム社会学の伝統をマルクス主義によって修正しつつ継承することを企図し、『社会学入門』(1936)を著した。戦後は『社会学提要』全2巻(1950)や『フランス社会学の行方』(1953)を著して、フランス社会学の客観主義的伝統の擁護と普及にあたり、ギュルビッチの社会学を「異邦人の社会学」として批判した。[田原音和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キュビリエの関連キーワードミュンヘン・オペラ・フェスティバルバイエルン国立歌劇場キュビィリエ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android