キューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観(読み)キューバなんとうぶのコーヒーのうえんはっしょうちのけいかん

世界遺産詳解の解説

2000年に登録された世界遺産(文化遺産)。キューバ南東部のサンティアゴ・デ・クーバ州とグアンタナモ州にまたがる、シエラ・マエストラ山脈の丘陵地帯814.75km2に広がる171のコーヒープランテーションの跡地である。カリブ海地域での黒人奴隷を労働力にしたプランテーションは18世紀、フランス領サン=ドマングで大規模に展開されていたが、ハイチ革命によって同地を追われた白人たちは黒人奴隷を連れてキューバに渡った。その多くはキューバでサトウキビプランテーションを立ち上げたが、シエラ・マエストラ山脈ではコーヒー・プランテーションが発展した。この大規模なコーヒー農園は、その後ブラジルなどの産地に押されて衰退していくが、この一帯に独特の景観をつくり出した。現在、ハイチ伝来の手法による当時のコーヒー農園が残されており、山の斜面に面した広大な農園の中には往時のトロッコなどの設備も残され、植民地時代のコーヒー栽培の模様を知ることができる。◇英名はArchaeological Landscape of the First Coffee Plantations in the South-East of Cuba

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android