コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリストの降誕 キリストのこうたんNativity

翻訳|Nativity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリストの降誕
キリストのこうたん
Nativity

キリスト教美術の主題。超歴史的存在である神が,死すべき人間の現身をとり,人間の救済のためにこの世に生まれたという,いわゆる受肉の教義は,キリスト教信仰の中核である。そのため,救い主イエス・キリスト降誕は教会で盛大に祝われ,無数の美術作品に描かれている。おもな典拠は『マタイによる福音書』1章 18~25および『ルカによる福音書』2章 1~20であるが,そのほかいわゆる外典の『ヤコブの福音書』『偽マタイの福音書』などに含まれた伝承が画像化された。一般に聖子イエスは馬小屋(東方では岩穴)の中に置かれた飼葉桶に横たえられ,ウシとロバがこれを見守る。聖母マリアはそのかたわらに座し,あるいは横たわり,養父ヨセフは憂い悩みつつ少し離れたところに腰を降ろす。聖子をたたえる天使の群れ,産湯の場面,不信仰な産婆の物語などがこれにつけ加えられることもある。13世紀以降は民衆の信仰運動が高まるにつれ,しだいに世俗的な要素が増加し,母子の情愛,ヨセフの家庭的役割などが強調されるようになった。中世末期の神秘主義者の幻想(偽ボナベントゥラ,スウェーデンの聖女ビルギッタ)も強い影響を及ぼす。15世紀に入ってからは,夜景として描かれることが多くなった。羊飼いの告知,羊飼いの礼拝,東方三博士の旅と礼拝(→東方三博士の礼拝)など,隣接する福音書説話場面と組み合わせて表現することも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キリストの降誕の関連キーワードパントーハ・デ・ラ・クルス人形(にんぎょう)クリスマス音楽ムーランの画家ガブリエルクリスマスガウディメシアンカンパン新大聖堂メサイア世界史教会暦ゴート待降節公現祭

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キリストの降誕の関連情報