キルスト(英語表記)Kirst, Hans Hellmut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キルスト
Kirst, Hans Hellmut

[生]1914.12.5. オステローデ
[没]1989.2.23. ブレーメン
西ドイツの小説家。 10年余の軍隊生活をもとにした一連の反戦小説『08/15』 (1954~55) はベストセラーとなった。しかし彼自身は反戦主義者ではなくこの作品もやや通俗的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キルスト
きるすと
Hans Hellmut Kirst
(1914―1989)

ドイツの作家。東プロイセンのオスタローデ生まれ。第二次世界大戦中は幕僚将校。敗戦後、一時抑留されるが、その後農夫、園丁など雑多な職業を転々とする。ヨーロッパ、アフリカを巡ったあと著述に専念、ミュンヘンの近郊フェルダフィングに住む。『われら彼をやくざと呼ぶ』(1950)、『小都市反乱』(1953)を経て、三部作『08/15(ぜろはちいちご)』(1954)で世界的名声をあげる。大衆性に富む作風で、さらに三部作『兵士、将校、将軍』(1969・『兵士の反乱』『将校工場』『夜の将軍たち』の3作よりなる)、『長いナイフの夜』(1975)などを発表。一連の軍隊もので、軍の因襲と幹部将校たちの人間追求を試み、歴史的ドキュメントの手法をとる。反共主義者で、かつ徹底した反ナチを貫いた。[古賀保夫]
『金森誠也訳『長いナイフの夜』(集英社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android