コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルリアン写真 キルリアンシャシン

デジタル大辞泉の解説

キルリアン‐しゃしん【キルリアン写真】

Kirlian photography高周波電界中に置かれた、水分を含む物体による放電をとらえた写真。1939年ごろ、旧ソ連の電気技師S=D=キルリアンと妻により発見された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

キルリアンしゃしん【キルリアン写真 Kirlian photography】

平面電極と高電圧低電流の電源を用い,主として生物体からの放電現象を写した写真。ある種の超能力者だけに見える光(いわゆるオーラの類)を撮影したものとして喧伝された。例えば植物の葉の一部を切り取って写すともとの葉の形が写る(ファントム・リーフ現象)とか,人間の指から出る光の強さや色が感情に応じて変わるなどともいわれる。人体が発するオーラは古くから後光や背光として知られていたため,キルリアン写真をその科学的証拠とする向きもあるが,今のところ実験条件が不完全で,超心理学界以外では承認されていない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

キルリアン写真の関連キーワードエマーソンニュー・カラーシャーカフスキーメイエロウィッツロビンソン(Henry Peach Robinson)デジグラフィデジタル画像カイトフォトキャンディッド写真クローズアップ撮影

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android