キンタ谷(読み)キンタダニ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンタ谷
きんただに
Kinta Valley

マレーシア本土、ペラク州南東部、東はマレー半島の脊梁(せきりょう)山脈、西はその支脈に挟まれて南流するキンタ川中流の河谷。世界有数の錫(すず)鉱地帯として知られる。19世紀後半から中国人の渡来とともに採掘が始まり、以後マレーシア錫鉱生産のほぼ半分を占めた。いまも全国生産の60%を占める同国最大の産地である。採掘はすべて露天掘りであり、現在はイギリス系資本が優位にたっている。中心地はイポー。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android