コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンタ谷 キンタダニ

デジタル大辞泉の解説

キンタ‐だに【キンタ谷】

Kinta Valley》マレーシア、マレー半島北西部、ペラ州南東部を流れるキンタ川沿いの河谷。世界有数の錫(すず)鉱地帯であり、州都イポーを中心に錫の採掘で発展。キンタバレー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンタ谷
きんただに
Kinta Valley

マレーシア本土、ペラク州南東部、東はマレー半島の脊梁(せきりょう)山脈、西はその支脈に挟まれて南流するキンタ川中流の河谷。世界有数の錫(すず)鉱地帯として知られる。19世紀後半から中国人の渡来とともに採掘が始まり、以後マレーシア錫鉱生産のほぼ半分を占めた。いまも全国生産の60%を占める同国最大の産地である。採掘はすべて露天掘りであり、現在はイギリス系資本が優位にたっている。中心地はイポー。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キンタ谷の関連キーワードペラ州

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android