コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギニア[地域] Guinea

翻訳|Guinea

1件 の用語解説(ギニア[地域]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギニア[地域]【Guinea】

アフリカ大陸の西岸,今のセネガル共和国からアンゴラ共和国までの大西洋岸に,西ヨーロッパ人がつけた地域名称。すなわちギニア湾岸より,はるかに広い地域を指す。英仏の航海者が13~14世紀にこの海岸を航海したという説があり,8世紀ごろニジェール川上流に栄えたギネアGhinea(ゲンニGenni,ジェンネDjennéともいわれた),あるいはその後に栄えたガーナ王国の名から,転訛してギニアの呼称が広まったといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone