コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡椒海岸 コショウカイガン

3件 の用語解説(胡椒海岸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こしょう‐かいがん〔コセウ‐〕【胡椒海岸】

Pepper Coast》アフリカ西部、現在のリベリアからシエラレオネにいたる海岸のかつての名称。15世紀から16世紀にかけてコショウの取引を行っていたヨーロッパ人によって名づけられた。また、コショウが「楽園の穀物」と呼ばれたことから、穀物海岸の別称もあった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こしょうかいがん【胡椒海岸 Grain Coast】

西アフリカの現在のリベリア共和国海岸部にあたる地方を,かつてヨーロッパ人が指して呼んだ名称。東方の香辛料を求めて探検航海に出たヨーロッパの航海者たちが,この地方に自生するショウガ科ギニアショウガAframomum meleguetaのコショウに似た種子(現地住民にも香辛料として用いられている)を入手して欣喜し,こう名づけた。ギニア湾沿岸の他の地方と同じく,この地方に最初に到達したヨーロッパ人がポルトガル人(15世紀)か,それ以前(14世紀)の北フランスディエップ船乗りたちであったかは明らかでない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胡椒海岸
こしょうかいがん
Peppar Coast

西アフリカのギニア湾岸、今日のリベリア、シエラレオネ付近の沿岸。15~16世紀ごろからこの沿岸に渡来していたヨーロッパ人航海者たちは、この海岸でマラゲッタ・コショウが盛んに取引されていたことからこの名称をつけた。コショウは「楽園の穀物」とよばれていたことから、この海岸は穀物海岸Grain Coastともよばれた。[原口武彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胡椒海岸の関連キーワードガーナギニア中央アフリカ共和国ナミビアリベリア南アフリカSWAPO南アフリカ連邦カニエ中央アフリカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone