コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴隷海岸 ドレイカイガン

世界大百科事典 第2版の解説

どれいかいがん【奴隷海岸 Slave Coast】

西アフリカ,ギニア湾沿岸の,現在のベニン共和国からナイジェリア連邦共和国にかけての地方を,かつてヨーロッパ人が指した名称。おもに17世紀から18世紀にかけて,この地方から大量の黒人が奴隷としてアメリカ大陸へ積み出されたためにこの地名が生まれた。ウィダー,ジャカン,ポルト・ノボ,バダグリ等のおもな積出港には,ポルトガルオランダブランデンブルク,イギリス,フランス等のヨーロッパ諸勢力が,交易拠点で奴隷の収容所でもあった砦を築き,互いに争奪を繰り返した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どれいかいがん【奴隷海岸】

西アフリカ、ギニア湾沿岸地方のうち、ボルタ川河口からニジェール川河口に至る海岸地帯の通称。一五世紀から一九世紀初期まで奴隷の取引が盛んだったことから、こう呼ばれた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奴隷海岸
どれいかいがん
Slave Coast

西アフリカのギニア湾に臨む海岸地域。東は今日のナイジェリアのニジェール川デルタ地帯から、ベナンを経て、西はトーゴとガーナの国境付近に至る。15世紀から19世紀にかけて行われた奴隷貿易において、この付近の海岸は奴隷の取引がもっとも盛んな所であったことから、ヨーロッパ人たちはこの海岸を「奴隷海岸」とよぶようになった。ポルト・ノボなど沿岸の港から、大量の黒人奴隷がアメリカ大陸へ向けて積み出された。[原口武彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の奴隷海岸の言及

【ベニン】より

…宗教は多くの人が固有の伝統宗教を信仰しているが,海岸地方にキリスト教が浸透し,北部にはイスラム教徒も居住している。【赤阪 賢】
[歴史]
 わずか東西100kmほどの幅でギニア湾に面しているこの国の沿岸地域には,15世紀ころからヨーロッパ人が渡来し,基地を建設して奴隷貿易を盛んに行っていたことから,このあたりの沿岸をヨーロッパ人は奴隷海岸と呼んでいた。19世紀末にフランスによって植民地化されるまでは,この地域は文化的系譜を異にするバリバ,ヨルバ,フォンなど数多くの部族によって住み分けられ,数多くの小王国が栄枯盛衰を重ねてきた。…

※「奴隷海岸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奴隷海岸の関連キーワードギニア(地方名)西アフリカ人身売買穀物海岸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android