コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギュムリ Gyumri

デジタル大辞泉の解説

ギュムリ(Gyumri)

アルメニア北西部の都市。トルコとの国境近くに位置し、同国第2の規模を持つ。ロシア語名クマイリ。1924年までアレクサンドロポリ、1990年までレニナカンと呼ばれた。紀元前5世紀に古代ギリシャ人が築いた要塞と集落に起源する。1988年の大地震で壊滅的な被害を受けた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ギュムリ

アルメニアの西部,トルコとの国境近くに位置する都市。クマイリともいう。1924年まではアレクサンドロポリ,またソビエト連邦時代(1924〜90)にはレニナカンと呼ばれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ギュムリの関連キーワードアルメニア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android