コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギュムリ Gyumri

デジタル大辞泉の解説

ギュムリ(Gyumri)

アルメニア北西部の都市。トルコとの国境近くに位置し、同国第2の規模を持つ。ロシア語名クマイリ。1924年までアレクサンドロポリ、1990年までレニナカンと呼ばれた。紀元前5世紀に古代ギリシャ人が築いた要塞と集落に起源する。1988年の大地震で壊滅的な被害を受けた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ギュムリ

アルメニアの西部,トルコとの国境近くに位置する都市。クマイリともいう。1924年まではアレクサンドロポリ,またソビエト連邦時代(1924〜90)にはレニナカンと呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ギュムリの関連キーワードアルメニア

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android