コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイーン・メアリー号 クイーンメアリーごうQueen Mary

世界大百科事典 第2版の解説

クイーンメアリーごう【クイーン・メアリー号 Queen Mary】

1936年イギリスのキュナード汽船会社が北大西洋航路用に建造した客船。全長311m,幅36.2m,総トン数8万1235トン。主機は蒸気タービンで出力16万馬力,航海速力29ノット。旅客定員約2140名。38年東回りで平均速度31.69ノット,西回りで30.99ノットのブルーリボン記録を樹立,52年アメリカのユナイテッド・ステーツ号に破られるまで長く保持した。第2次世界大戦中は兵員輸送船として使用され,1947年から客船として再びサザンプトン~ニューヨーク間に就航したが,67年アメリカに売却,現在はロング・ビーチで洋上ホテル兼博物館として利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のクイーン・メアリー号の言及

【客船】より

…第2次大戦中ニューヨークで火災を発生し転覆。 クイーン・メアリーQueen Maryイギリス。1936年建造。…

【交通】より

…1909年モレタニア号Mauretania(3万1938総トン)は大西洋を4日半で横断した。12年の処女航海で1513名の犠牲者を出した悲劇のタイタニック号(4万6328総トン),1938年大西洋横断を3日と21時間に短縮したクイーン・メアリー号(8万1235総トン),〈人間の造った最大の機械〉といわれたクイーン・エリザベス号(8万3673総トン)と大型・高速の客船が相次いで建造され,20世紀前半は豪華客船の黄金時代となった。
[現代]
 第2次大戦後,モータリゼーションの波は世界各地に及び,交通機関としての自動車の重要性はさらにました。…

※「クイーン・メアリー号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クイーン・メアリー号の関連キーワードマザーウェル・ウィショーユナイテッド・ステーツ号キュナード汽船[会社]クイーンエリザベス号キュナード・ラインクライドバンク

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android