コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クキ族 クキぞくKuki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クキ族
クキぞく
Kuki

インド北東部,アッサムミャンマーとの国境にあるマニプル丘陵とその周辺に住み,チベット=ビルマ語族のクキ=チン語群に属する種々の方言を話す諸民族の総称。隣接するルシャイ族に圧迫されて現在地へ移住したが,その時期に応じて古クキ族と新クキ族に分れる。陸稲を主とした焼畑移動耕作を行う。竹製の杭上家屋に住み,野生動物をとり,ミタン牛,豚,水牛,鶏などを飼っている。父系制に基づく社会を形成しているが,政治組織は未発達である。最大の自律的単位である村は竹林の中に設けられ,村長職は末子が継承する。勲功祭宴の記念にメンヒルや木柱を立て,それで得た現世の地位が来世でも続くとされている。精霊崇拝的信仰が基調にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クキ族の関連キーワードラカイン山地ミゾラーム州マニプル州ミキル族チベットチン族