コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサウラベニタケ くさうらべにたけ

1件 の用語解説(クサウラベニタケの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサウラベニタケ
くさうらべにたけ
[学]Rhodophyllus rhodopolius (Fr.) Qul.

担子菌類、マツタケ目イッポンシメジ科の毒キノコ。傘は3~8センチメートル、表面は灰褐色で肉色を帯び、光沢がある。ひだは茎に上生し、初めは白、のちに淡紅色となる。茎は中空で細長く、もろい。胞子は五角形六角形で、肉色。秋、林内地上に群生する。分布は日本のほか、ヨーロッパ北アメリカなどと広い。イッポンシメジと同属の毒キノコであり、中毒例もクサウラベニタケのほうが多い。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクサウラベニタケの言及

【イッポンシメジ(一本占地)】より

…秋,雑木林の地上に1本ずつ生える。近縁の毒キノコでかさが薄ねずみ色のクサウラベニタケR.rhodopolium (Fr.) Quél.(イラスト)とともにホンシメジ(シメジ)に似るので,誤って食べて中毒する人がきわめて多い。中毒の症状は激しい下痢と嘔吐だが,致命的ではない。…

【キノコ(菌∥蕈∥茸)】より

…また後者には胃腸障害,神経系統をおかすものなどがあり,中毒症状もさまざまである。以上のことから見て,第1に致命的な猛毒菌としてドクツルタケ(シロタマゴテングタケを含めて),致命的ではないが中毒件数がとくに多いツキヨタケ,イッポンシメジ(クサウラベニタケを含めて),カキシメジ(マツシメジを含めて)などの見分け方を衆知すれば,日本のキノコ中毒者の数は現在の1/3~1/4に減るであろう。 ドクツルタケは日本における代表的猛毒菌で,茎の根もとに袋状のつぼがあり,上の方に膜質のつばがある。…

※「クサウラベニタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クサウラベニタケの関連情報