コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クッシュ Kusch, Polykarp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クッシュ
Kusch, Polykarp

[生]1911.1.26. ブランケンブルク
[没]1993.3.20. テキサス,ダラス
ドイツ生れのアメリカの物理学者。 1912年アメリカに移住,22年市民権取得。イリノイ大学卒業 (1933) 。コロンビア大学講師 (37) ,同大学教授 (46) 。 I.ラビとともに磁気共鳴吸収によって原子核超微細構造,核スピン,原子核の磁気二重極モーメントおよび電気四重極モーメントの測定を行なった。 48年電子の磁気二重極モーメントの精密測定によってそれがボーア磁子よりも 0.1%大きいことを示し,場の量子論の基礎を与えた。 55年 W.E.ラムとともにノーベル物理学賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クッシュ

米国の物理学者。ドイツに生まれ,1912年渡米,イリノイ大学を出て,1946年コロンビア大学教授。初め質量分析を研究,1937年以後は核磁気共鳴を用いて原子の超微細構造,原子核のスピン磁気モーメント等を精密に測定。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

クッシュの関連キーワード量子電磁力学ラム・シフト核磁気共鳴西内ひろクーシュ原子線

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android