コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クペレ族 クペレぞくKpelle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クペレ族
クペレぞく
Kpelle

西アフリカのリベリアギニアの先住民。グェルゼ族 Guerzeともいう。言語はニジェール=コンゴ語派のマンデ諸語に属する。人口約 80万と推定される。農耕民で主食の米をはじめキャッサバ,野菜,果物,換金作物のラッカセイサトウキビ,コーラの実などを栽培し,焼畑農業を行なう。家族形態は一夫多妻制で,土地は家族単位に分配される。農業労働は通常,家族単位で行なわれるが,強く結束した協同労働集団によって行なわれることもある。社会は数人の首長のもとに組織され,首長は統治者として,中央政府との仲立ちをし,争いをしずめ,秩序を保ち,街道を維持したりする伝統的な義務を果たす。さらに首長と一般住民の仲立ちをする地区長がおり,また町にもその長がいる。ポロとサンデという男女別の秘密結社がある。ポロ結社は社会的規律を強化し,通過儀礼を経て若者を一人前にし,民族社会全体の統一をはかるために機能する。また伝統的な呪術や妖術なども盛んである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android