コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クミスクチン cumisctin

1件 の用語解説(クミスクチンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クミスクチン【cumisctin】

シソ科の多年草。長く伸び出るおしべが,ネコのひげのように見えるのでマレー語クミス(ひげ)クチン(ネコ)と呼ばれ,ネコノヒゲの和名もある。高さ30cmから2mになる。茎は四角柱形をし,基部はやや木化する。卵形で鋸歯のある葉を対生し,茎の頂端部に総状の花序を出し,なん段も輪状に花をつけ,下部から順次咲き上がっていく。花冠は白または帯紫色で長さ1~1.5cm,おしべは4本で,花冠より2cmほどつき出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クミスクチンの関連キーワードサルビア犬胡麻猿猴草金瘡小草塔花浪来草垣通亀葉引起セージ油マジョラン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クミスクチンの関連情報