コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライゼン縮合 クライゼンしゅくごう Claisen condensation

2件 の用語解説(クライゼン縮合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クライゼン縮合
クライゼンしゅくごう
Claisen condensation

強塩基触媒によるエステル縮合反応。2分子の酢酸エステルが,ナトリウムナトリウムエトキシドなどの存在下で縮合してアセト酢酸エステルを生じる反応が代表的な例。NaOC2H52CH3COOC2H5───→CH3COCH2COOC2H5+C2H5+C2H5OH。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クライゼンしゅくごう【クライゼン縮合 Claisen condensation】

アルデヒド,ケトン,エステルなどのカルボニル基のα位に水素が存在する化合物(活性メチレン化合物)とカルボニル基を有する化合物の縮合反応の総称。1881年ドイツ有機化学者クライゼンL.Claisen(1851‐1930)によって最初に報告されたので,この名が付けられた。通常,エステルが関与する場合の反応をいうことが多い。触媒量のナトリウムをアルコールに加えた溶媒系中で反応が行われる。たとえば,酢酸エチルは触媒量のナトリウムエチラートNaOCH2CH3の存在下,エチルアルコール中で2分子縮合し,アセト酢酸エステルを生成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クライゼン縮合の関連キーワードセミカルバゾンパラアルデヒドアルデヒド基カルボニルヒドロキシアルデヒドアルデヒドオキシダーゼカルボン酸エステラーゼセルロースエステルペリラアルデヒド芳香族アルデヒド

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone