コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライゼン縮合 クライゼンしゅくごうClaisen condensation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クライゼン縮合
クライゼンしゅくごう
Claisen condensation

強塩基触媒によるエステルの縮合反応。2分子の酢酸エステルが,ナトリウム,ナトリウムエトキシドなどの存在下で縮合してアセト酢酸エステルを生じる反応が代表的な例。

NaOC2H5
2CH3COOC2H5───→CH3COCH2COOC2H5+C2H5+C2H5OH


出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クライゼンしゅくごう【クライゼン縮合 Claisen condensation】

アルデヒド,ケトン,エステルなどのカルボニル基のα位に水素が存在する化合物(活性メチレン化合物)とカルボニル基を有する化合物の縮合反応の総称。1881年ドイツの有機化学者クライゼンL.Claisen(1851‐1930)によって最初に報告されたので,この名が付けられた。通常,エステルが関与する場合の反応をいうことが多い。触媒量のナトリウムをアルコールに加えた溶媒系中で反応が行われる。たとえば,酢酸エチルは触媒量のナトリウムエチラートNaOCH2CH3の存在下,エチルアルコール中で2分子縮合し,アセト酢酸エステルを生成する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クライゼン縮合の関連キーワードアルドール縮合パーキン反応分子内転位イオノンアミド

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android