コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライン=仁科の式 クライン=にしなのしきKlein-Nishina's formula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クライン=仁科の式
クライン=にしなのしき
Klein-Nishina's formula

自由電子による電磁波 (X線,γ線) の散乱 (コンプトン散乱 ) で,その散乱断面積を与える公式。 1928年 O.クライン仁科芳雄ディラック方程式を用いて相対論的に計算したもの。この結果を図に示すが,実験ときわめてよく一致する。 θ は入射光子の進路と散乱光子の進路の間の角,I0 は入射光子の強度,I は θ 方向での散乱波の強度である。また,ν は入射光子の振動数,m は電子の質量,h はプランク定数,c は真空中の光速度である。陽電子の発見以前,クライン=仁科の式はディラックの電子論に対する最も重要な実験的検証であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クライン=仁科の式の関連キーワードコンプトン効果ディラック

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android