クライン=仁科の式(読み)クライン=にしなのしき(英語表記)Klein-Nishina's formula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クライン=仁科の式
クライン=にしなのしき
Klein-Nishina's formula

自由電子による電磁波 (X線,γ線) の散乱 (コンプトン散乱 ) で,その散乱断面積を与える公式。 1928年 O.クライン仁科芳雄ディラック方程式を用いて相対論的に計算したもの。この結果を図に示すが,実験ときわめてよく一致する。 θ は入射光子の進路と散乱光子の進路の間の角,I0 は入射光子の強度,I は θ 方向での散乱波の強度である。また,ν は入射光子の振動数,m は電子の質量,h はプランク定数,c は真空中の光速度である。陽電子の発見以前,クライン=仁科の式はディラックの電子論に対する最も重要な実験的検証であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android