コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁科 にしな

3件 の用語解説(仁科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁科
にしな

静岡県東部,伊豆半島西海岸にある西伊豆町の集落。旧村名。 1956年田子村と合体して西伊豆町となる。平安時代鎌倉時代は西奈荘と呼ばれ,仁科川流域の中心地。北部の田子地区とともに漁業が生業の中心であったが,温泉の開発に伴い,堂ヶ島海岸や洋らんセンターを含む西伊豆の観光拠点として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

にしな【仁科】

姓氏の一。中世、信濃国の武家。信濃国安曇郡仁科荘より起こる。戦国時代、武田信玄に従った。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仁科の関連情報