コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁科 にしな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁科
にしな

静岡県東部,伊豆半島西海岸にある西伊豆町の集落。旧村名。 1956年田子村と合体して西伊豆町となる。平安時代~鎌倉時代は西奈荘と呼ばれ,仁科川流域の中心地。北部の田子地区とともに漁業が生業の中心であったが,温泉の開発に伴い,堂ヶ島海岸や洋らんセンターを含む西伊豆の観光拠点として発展。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

にしな【仁科】

姓氏の一。中世、信濃国の武家。信濃国安曇郡仁科荘より起こる。戦国時代、武田信玄に従った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仁科の関連キーワードRIビームファクトリーウルトラマンメビウス岩井半四郎(10世)岩井半四郎(10代)岡山県浅口郡里庄町オスカー クラインいつか読書する日フードバスケット日本の原爆開発長野県大町市社悪魔の手毬唄仁科記念財団堂ヶ島温泉妻と女の間久保 亮五正派岩井流川谷 拓三岡島 艶子朝永振一郎大町[市]

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁科の関連情報