コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラカトア火山 クラカトアかざんKrakatoa volcano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラカトア火山
クラカトアかざん
Krakatoa volcano

別称クラカタウ Krakatau火山。ジャワとスマトラとの間,スンダ海峡にある火山。海中に噴出した複式火山で,カルデラと中央火口丘群から成る。初めは高度約 2000mの円錐形の成層火山をなしていたが,中央部が陥没してカルデラを生じ,その縁が3つの島として残された。その後,中央火口丘群が生じて1つの島をつくった。 1680年以降約 200年間は活動が休止していたが,1883~84年に大爆発を起し多量の軽石火山灰が放出され,新しい陥没カルデラが生じた。これによって中央火口丘の大部分は失われ,深さ 279mに達する陥没地形が生じ,残った島には厚さ 100mに及ぶ軽石や火山灰が堆積した。特に 83年8月 26~28日の爆発では噴煙の高さが 70~80kmにも達し,微細な火山灰が風に流されて地球を約 12日間で1周し,世界の気象に大きな影響を及ぼしたといわれ,爆発音はオーストラリアでも聞えたという。津波による死者は約3万 6000人。このような噴火の型式をクラカトア式噴火と呼び,このようなタイプのカルデラをクラカトア型カルデラという。 1927年には再び海底噴火が始り,火山灰や岩滓の噴出が繰返されて砕屑丘が成長し,62年には 142mの高度に達している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クラカトア火山の関連キーワードウジュンウジュンクーロン国立公園クラカトア津波クラカトア東風ビショップ環南シナ海

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android